男性アナが番組企画の尻相撲で田んぼに頭から飛び込み番組は大変なことに・・・

周囲は知らずに大爆笑!!!
男性アナウンサー”起・こ・し・て” ”助けて・・” 頸椎骨折の重傷
空気が一変する事態となった。

男性アナウンサー、田んぼで尻相撲に挑んだ結果大変な事態に

ローカル局の朝の情報番組のロケ中に、放送事故が発生しました。
2008年6月の出来事でした
宮崎県の高千穂町で行われた尻相撲イベントを取材していたのはテレビ宮崎の「JAGAJAGA天国」という番組
尻相撲とは泥でぬかるんだ水田の上に発砲スチロールを置き、その上で2人が尻と尻を当て競うというもの

 

 

参加した地元の人達の笑い声が飛び交う明るい雰囲気でロケは進行していました
まず、女性タレントらしき人達が地元のおばちゃんと対戦します
女性タレントが水田に落ちて泥まみれになりました。

しかし、軍配は女性タレントへ上がります。
これは、尻相撲のルールが盛大に泥まみれになったほうが”勝ち”というものだからです。

そして、次に現場で実況を担当していた柳田哲志アナウンサーが土俵に引っ張りあげられることに・・

まぁ、お約束だったのでしょう
柳田アナは”エーッ”??と困惑しながら土俵に上がった時は笑顔でやる気満々でした
そして、対戦相手に押し出されると自らダイブするように頭から水田へ突っ込んでしまったのです

”泥まみれになったほうが勝ち”ということが、柳田アナの念頭にあったのか?
定かではありませんが、受けを狙ったつもりが取返しの付かない事故になってしまいました。
突っ伏したまま動けない柳田さん
このとき ”おこして・・”と呟いたという

頸椎骨折による全身麻痺という重症を負ってしまいました。
この時、本人は深刻な事態となっており水田にうつ伏せ状態で、数秒間ピクリとも動きませんでした。
それを知らない周囲の、はしゃぎぶりが余りにも対照的!!

柳田さん本人の顔は苦痛に歪んでいます・・
周囲は気付けなかったとはいえ残酷にみえます

実際の動画どうがは次ページにあります。