福島県南相馬市の中学2年女子生徒が自殺

2月11日に福島県南相馬市の中学2年生の女の子が自宅で自殺していた事が判明しました。
この自殺してしまった女の子は、学校側にいじめの相談をしており、
自殺後に自宅から遺書のような物も見つかっています。
確実に自殺した原因はいじめだと言えるでしょう。

自殺した女子生徒の訴え

自殺した女子生徒の訴え

 
自殺してしまった女子生徒は2016年7月に行われた、いじめについてのアンケートで
「いじめを受けている」と回答していました。
この回答後に学校側は、いじめを行った生徒を把握していたようで
個別指導を行っていました。
そして、先月の2017年1月に再度「いじめを受けている」と相談していたようです。
学校側は、この相談を受け止め対策を練っている最中でしたが
女子生徒は2月11日に自殺してしまったようです。
自殺後に自宅からは遺書のような物もみつかっており、そのノートには「学校には行きたくない」
と書かれていたようです。
市教育委員会は女子生徒の自殺と、いじめに因果関係がないかを調べていますが
今後このような事がないように学校側を対策を事前に練っておくべきだと思います。

福島県南相馬氏