主演ドラマの宣伝のために出演したテレビで、疑惑とされていたタトゥーの存在がついに明らかになった。

そして、驚くのは妻・工藤静香とお揃い!そのタトゥーに込められた意味とは……

番宣のため「ぴったんこカンカン」に出演した際、木村拓哉のタトゥーが映り込み、ずっと疑惑とされていた木村のタトゥーの存在が明らかとなった。そのタトゥーなんと、妻・工藤静香とお揃いの蛇の模様で、タトゥーが彫られている位置も全く同じであることが判明した。

足にタトゥーが刻まれているのが分かりますよね。本人もまさか、映り込んでしまうとは思わなかったのでしょう。裸足で、ズボンの丈が短めなのでガッツリ見えてしまっていますね。日本では海外と違ってタトゥーに対してあまり寛容的ではありませんよね…

妻・工藤静香のタトゥーがこちら↓

同じ左足首、同じ蛇の模様です。完全に木村と工藤静香はお揃いのタトゥーを身にまとっています。夫婦でお揃いのタトゥーって子供たちからしたらどうなのでしょうか?日本の場合タトゥーがある人はプールや温泉に入ることが禁じられています。

2009年放送のテレビ番組ではテーピングで隠しています。今回隠さなかったのはSMAPが解散したことに関係があるのでしょうか?SMAP解散したからもうアイドルではないし問題ないよね?という感覚なのか…?
ただ単に隠し忘れたという可能性もありますが、いずれにせよイメージに影響を与えてしまうのではないでしょうか。

タトゥーに込められた意味とは・・・?

近くでみるとこんな感じだといいます。よく見ると、1匹ではなく2匹の蛇が互いに絡みあって一本の紐のようになっています。二匹の蛇は木村拓哉と工藤静香を表しているのでしょうか。
蛇には”永遠、時間、不死の象徴”という意味がありネイティブアメリカンのシンボルでもあるようです。”永遠に、共に人生を歩んでいこう”というメッセージ性を感じます。ちょっと独占欲が強いというか束縛が強い感じもしますが・・・ww