沖縄県で小学6年生がバイクで飲酒事故、同乗していた1人死亡!

沖縄県恩納村山田の国道で、今月12日に小学6年生の男子児童(12)が運転していたバイクで
事故を起こしていた事が明らかになりました。
男子児童は事故を起こした際、基準値を超えるアルコールが検出され
同乗していた男子中学生(15)が死亡!
更に同乗していた女子中学生(14)は転倒した際に、右鎖骨を骨折し重症だそうです。

沖縄県小学生飲酒事故の詳細内容!

沖縄県恩納村山田の国道56号で男子児童(12)が運転する125ccのバイクに男子中学生(15)と
女子中学生(14)が同乗していた。
その後単独事故を起こし、那覇市内に通う男子中学生(15)の死亡が確認され
更に同乗していた女子中学生(14)は右鎖骨を骨折し重症。
警察の調べで、運転していた男子児童からは基準値を超えるアルコールが検出されました。
同乗していた男子中学生と女子中学生からは、アルコールは検出されなかったそうです。
運転し事故を起こした男子児童(12)は自動運転処罰法違反(過失致死傷、無免許)と
道交法違反(酒気帯び)の疑いで、未成年という事もあり児童相談所に送致されました。

運転していたバイクは家族名義のバイクだったらしく、
勝手に運転できないように管理する必要もあったでしょう。

小学生飲酒事故