「がんに効く」と成分がほぼ水の物を100ml1万2500円で販売!

昨年からインターネットで医薬品として認められていない商品を
「がんが小さくなる」とうたい、販売していた事が明らかになりました。
販売していた埼玉県入間市に住んでいる大場秀樹容疑者(65)が逮捕され
被害者は役1600人、被害額は3500万円と言う事です。

がんが治る水「いき水」を販売!

いき水とは

大場秀樹容疑者が許可なく販売していた「いき水」という商品は、
成分は水が99.89%でクエン酸が0.01%が含まれるだけのただの水でした。
しかし、ただの水である「いき水」をホームページ上では
「海藻のぬめりに含まれる貴重な成分を濃縮」「がんが小さくなる」とうたい販売していたようです。
ただの水を100ml、12500円で1600人に販売し総額3500万円売り上げていたそうで、
悩んでいる人に対し、効果のない商品を販売する事はとても悪質です。
今回の事態に対し、大場容疑者は販売を認めていますが
商品自体は「宣伝通り効果がある」と詐欺だという事は認めていません。
成分の分析結果から、ただの水と変わらず「がんが小さくなった」という証拠はない為
ちゃんと犯行を認めてもらいたいものですね。

いき水