7トンのコンクリートが落下し、下敷きになった男性死亡!

25日岐阜県本巣市の建設資材工場で、建設資材を点検していた男性の上から
7トンもあるコンクリートが落下し下敷きになり死亡しました。

7トンのコンクリートが落下した原因!

午前11時過ぎ建物等に使用さえるコンクリート重さ7トン、縦4メートル、横3メートル)を点検する為
クレーンで吊り上げた所、このコンクリートがバランスを崩し落下。
この時現場を指揮していた川瀬明司さん(53)に直撃し、コンクリートの下敷きになり死亡しました。

落下したコンクリート

コンクリート
コンクリート落下
写真で見てもわかるように、落下したコンクリートはかなりの大きさであった事がわかります。
川瀬明司さんはこのコンクリートの下敷きになり、全身が圧迫され即死したようです。
警察では、コンクリートの吊り方が正常だったか等、この時に3人で作業していた
とおいう事もあり他に見落としが無かったか等を調べているようです。
亡くなった川瀬明司さんのご冥福をお祈り申し上げます。

建設資材落下