東京、大阪等で住居侵入し印鑑や通帳を窃盗した原田六三四容疑者を逮捕!

昨年12月に東京都豊島区のアパートに侵入し、アパートに住んでいた女性の印鑑2本を
盗んだとして、住所不定無職の原田六三四容疑者(21)を逮捕しました。
逮捕の容疑は、住居侵入と窃盗容疑です。

通帳や印鑑を窃盗!

逮捕した原田六三四容疑者は、捜査関係者の話しでは
東京・埼玉・神奈川・大阪の住宅に侵入し印鑑や通帳を窃盗していたようです。

原田六三四

通帳や印鑑を盗みお金を引き出していたようで、東京都豊島区のアパートに侵入した時は
通帳が見つからず、印鑑だけ盗んでいます。
原田六三四容疑者は警察の取り調べで「遊ぶお金が欲しかった」と供述しており、
容疑を認めているようです。

原田容疑者の余罪!

原田容疑者は他にも余罪があり、各県で犯行を行っており余罪は20件以上!
そして証拠が残らないように、お金を引き出しては遊びに使っており
被害総額は数百万円にもなるようです。
今現在わかっている余罪だけでも、20件以上でまだまだこれから
増えていく可能性もあります。
人が頑張って働いて貯めているお金を盗むのは最低な行為です。
これから罪を償って、頑張って働く大変さを知ってもらいたいですね。

印鑑窃盗