岡山市内で走行中の大型トレーラーから鉄製の部品が落下!

3日午後0時30分頃、岡山市内の県道を走っていた大型トレーラーから積み荷である
縦3.5メートル、横1.5メートルほどの鉄製の部品が落下し、対向車を走っていた車が落ちてきた鉄製の部品に衝突。
対向車を走っていた乗用車を運転していた男性が死亡しました。

大型トレーラーから鉄製の部品が落下!

岡山市内を走っていた大型トレーラーから縦3.5メートル、横1.5メートルほどの鉄製部品が落下しました。

鉄製部品

荷台に乗せていた鉄製の部品は反対車線の方に落ち、対向車を走行していた乗用車が衝突。
部品に衝突した乗用車は操縦できないようになり、そのままの勢いで電柱に衝突し乗用車は炎上、
運転席からは男性が死亡した状態で見つかりました。
警察は大型トレーラーを運転していた70代の男性を、過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しました。

見解

積み荷に大きい物(重たい物)を乗せる時は、しっかりと縛っておかないと大変危険です。
運転手の男性は高齢という事もあり、縛る力が弱かった可能性もあります。
それか、大丈夫だと思い縛っていなかったかですね。
ちょっとしたミスで逮捕、犯罪者となってしまうので
十分に注意しないといけないですね。