EXILEのボーカルであり、作曲家としても活躍するATSUSHIさん

ATSUSHIは音楽家としてだけに留まらず、2015年から犯罪や非行に走った人の更生を支援する矯正支援官としても活躍している。以前、北海道にある網走刑務所を訪問した際には受刑者に向けて「早く更生して、社会復帰されることを願っています」と20分以上にも及ぶスピーチをし、その気持ちを伝えた。今度は新潟県長岡市にある少年院を訪問。そこでの体験をFacebookに投稿し話題になっている。

あの緊張感は独特

2017年1月、少年院である新潟少年学院に到着し、張り詰める独特の空気を感じながら登場した

”あの緊張感は独特です。刑務官の先生方にお話しを聞けば、ほぼ7割、いやそれ以上の子たちが、家庭環境になんらかの問題を抱えているといいます。彼らの中の一人の子は、親からお前なんかいらないと言われ、そのことがずっと心に残っていて、自分はこの世に必要ない存在なんだと思い込み、自暴自棄になって、犯罪を繰り返し、少年院送りとなってしまった、少年もいます。それが、犯罪を犯す、正当な理由にはならないことは分かっています。しかし、一見、みな丸坊主にしていますし、純粋に見えるのですが、その目の奥には、そのまま純粋な子もいれば、悲しみや孤独、怒り、憎しみ、様々な感情を持った子たちが、そこにはいました。その全ての子たちが、異なる環境において、異なる感情を抱えていることを、感じさせられます”

一瞬動揺した・・・

質問に、出来る限り丁寧に答えていったというATSUSHIさん。その中で特に感じたことは「彼らも助けを求めている」ということだったそうです。

”妹がイジメられていて、どうしたらいいかという質問をしてきた少年がいました。後から聞けば、実は彼自身もイジメに苦しみ、そして犯罪を犯し、少年院にいたようです。その目は、怒り、孤独、助けを求める、それらの感情が複雑に入り混じっている様な目でした。今まで生きている間に、あのような目で自分を見られることがなかったので、一瞬少しだけ動揺しました。”

ATSUSHIさんは、少年院にいる多くの人を想って作った曲「HIKARI」を歌った。

少年院訪問の最後には、少年たちが花道をつくり、ATSUSHIさんを送り出してくれたそうです。

最後に大切なメッセージを伝えた。

俺は今日、ファンサービスしにきたわけじゃないから、二度と同じ過ちを繰り返さないように、もうこの様な場所には戻ってこないと、約束してください。そして、悪いことをして、いつもコソコソ生きるような、そんな生き方を選ばずに、ここを出たら堂々と楽しい人生を歩みながら、いつの日か堂々と僕のライブに会いにきてください。

この体験談を見て、ファンのみならず、非行に走ってしまった子供を持つ親御さんなど、様々な人がコメントが届いたそうです。