少女をかばい、片足を失った男性

交通事故と言うものは、被害者も加害者にも身体的な苦痛や精神的な苦痛を残してしまいます。命は助かっても頚髄損傷などあれば後遺症は一生治りません。

人間、被害者であっても相手を思いやることが出来れば美談になります。
しかし、難しいのが現状です…
今から紹介する男性は25歳の時、片足を失いました。もう、10年ほど前の事だそうです。

50CCのバイクで走行中、歩道から飛び出した少女を避けて転倒し、後続の自動車に下肢を踏まれてしまった。

後続のドライバーは、咄嗟のことで、ブレーキを踏んだ
後続車両の後輪で片足を酷く損傷し切断する事になってしまった。

この方の職種は室内業務であり、肉体労働では無かったので、職を失うことはなかった。片足を失うという、大きなハンデを負った男性はポジティブだった。「少女が助かってよかった、今後生活が少し不便になる程度」と思い直したそう。その示談の中身については、「年に50万を受け取る」という形だったそうです。世間からすれば、少ないくらいではないでしょうか?片足を失ったにもかかわらず、「たかが足1本と思っていた」「加害者の家庭には、懇意にお付き合いして貰って嬉しい」とまで、善意的な釈明をしている男性でした。

事故から10年が経過し、助けた少女のご家族とは、いいお付き合いが続いていたそう。加害者側のお宅に伺うほどの付き合いの中で雑談中、少女が結婚すると、判明したそうです。この被害者の男性は、加害者の家庭を思いやる心を持っていた。「結婚には費用がかかる」「この家庭の負担を減らしてやろう」と聖人のような気持になったそうなんです。色んな感情が馬車馬のように頭を駆け巡った。「年50万の補償は断ろうと考えている」という結論に達したそうです。「片足を犠牲にした人間とは、もう、関わる必要がない」それはそれで、良いのではないかと考えたそうです。

加害者と被害者が仲良くなるなんて…
本当にびっくりです!
事故で片足を失って生活が変わったはずなのに、どんな時も相手を思いやるなんて本当に凄いです。