自業自得の事件!女性を性奴隷にするISISに悪ふざけで参加した少女

イスラム国に参加した2人の少女の悲惨な末路とは…

ISに参加した2人の少女

ボスニア系オーストリア人の当時17歳だったサムラ・カシノビックさんと当時15歳だったサビナ・サイモビックさんは、2014年4月にシリアに入りIS(イスラム国)に参加しましたが、脱走を繰り返した末、ISに参加してくる新しい戦闘員の性奴隷として働かされていました。

ボスニア難民の両親から生まれウィーンで育ったサビナさんとサムラさん

2014年4月こんな言葉を残しラッカ入りしました。

”「シリアでアッラーの神にわが身を捧げ闘いたい。私たちを探さないで”

2人は自動小銃を片手にISの広告塔としてウェブサイトに登場し、ISの戦闘員の花嫁として迎えられた。

サビナさんはSNSにメッセージを寄せた

”私は聖戦に参加することで信仰を深めることができました。シリアでの生活を楽しんでいます。ここにはウィーンでは得ることができなかった自由があるのです。”と…

しかし

6カ月もたたないうちに彼女たちはISの現状に嫌気がさして、脱走を試みるようになった。少女たちと一緒に住んでいたチュニジア人はこう語っています。

”脱走が失敗するとISは少女たちを同じ部屋に住まわせ、新しく入ってくる戦闘員を奮い立たせるための性奴隷として扱ったのです。サムラさんは結局最後にはハンマーで撲殺されてしまいました。”

サビナさんに関してもシリアの戦闘で死亡したことを国連が発表しています。

恐ろしいですね…