清原和博・・

2016年に6月に覚せい剤取締法違反で懲役2年6か月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博(49)。その後見人・弟分と呼ばれた男性A(43)が4月8日に都内で死亡し、11日午後8時から、Aの出身地である愛知県の葬儀場で通夜が営まれました。

清原は通夜が始まって5分ほどしてから、白のワンボックスカーに乗って現れ敷地内の駐車場に停めて車から降りた。20人ほどの報道陣を気にする素振りも見せなかった。憔悴しきった感じでシャツの第1ボタンは締めず、ネクタイはよれよれ。礼服はパンパンでした。

清原和博

関係者と挨拶を交わして式場の中に入り、5分ほどで焼香を済ませると、車の後部座席に乗り込み帰宅した。

Aは東京・六本木で飲食店を経営していました。
16年3月に清原が保釈された際は、自ら車で出迎え千葉の病院まで送り届けた。清原が逮捕される前には運転手を務めていたこともあり、一緒にゴルフをしたり、高級クラブで豪遊するなど10年来のボン友。

Aの遺体は司法解剖に回されたそうです。大病を患っていたという噂もありますが、要するに病院と即断できない、疑問が残る死だったそうです。そのせいで、さまざまな憶測が飛び交っているそうです。

死の2日前・・

Aは死の2日前、6日付の自身のブログでお酒を抜くためにジムで汗を流す元気な姿をアップしています。4日付では六本木で焼肉を”おいしくいただいた”とつづっていた。ただ、検査結果…と題したメンバー以外非公開の意味深な記事も3月15日付で投稿していました。

清原和博
清原和博