AKB48小嶋陽菜の卒業公演で・・

AKB48渡辺麻友(23)、柏木由紀(25)が、卒業公演を迎えた小嶋陽菜(29)と実はそこまで仲良くなかった事が明らかになりました。

小嶋陽菜

思い出を振り返るコーナーで

小嶋との思いでを振り返るコーナーで、まずは柏木が切り出しました。「小嶋さんとは絶妙な関係性だった。(ファン)に距離感があると言われてるんですけど、最後にアピールしたいことがある…と誤解をしてるんですよ!!

昨日12時に(小嶋が誕生日を迎えた瞬間に)お誕生日おめでとうのメールを送りました。それに、一緒にカフェに行ったこともあるんですよ。ほぼ10年、選抜で一緒だったとは思えない薄いエピソードをドヤ顔で披露しました(笑)。

しかし…

柏木より深刻だったのは渡辺の方でした。
柏木は「私の陰に隠れて、やばいのは…」と渡辺をチラリww
峯岸みなみ(24)から「もちろん誕生日のメールは送ってるよね?」と聞かれた渡辺は間を置きながら「0時になった瞬間「誕生日だ!」って…心に思った。心の中でおめでとうって叫んだ」と、連絡すら入れてない事を暴露しました。「お茶くらいあるでしょ?地元が埼玉で一緒だから…ないの?ご飯食べに行ったとか」と峯岸に突っ込まれても、何も答えられずタジタジになってしまいました。

2月に行われた卒業コンサートで小嶋は、渡辺とバラード曲「思い出のほとんど」を歌った。「思い出がほとんどない麻友ちゃんと歌いました。」と2人の関係性を逆手に取った演出であることを明かしていました。小嶋と渡辺は09年の第1回選抜総選挙で7位以内に入った「神セブン」の残り2人ですが埼玉県出身以外あまり共通点がなかったようです…(笑)

長年グループを支えてきた大先輩の門出に柏木、渡辺とも最後の曲「夕陽を見ているのか?」で小嶋と見つめ合うと涙をながしましたww

泣かないことで有名な柏木が見せた涙に小嶋は「ゆきりんが泣いた」と驚いていたそうです。