若すぎる親…

出産したぱかりの15歳と父親になった14歳カップルは大切な我が子を福祉関係者に奪われたくないという思いから生まれて間もない女児と共に姿を消しました。その後、無事に発見され保護されるも女児は両親から引き離されてしまいました。このニュースを知った人々からは「2人にチャンスを与えてあげて」と擁護する声が相次いでいます。

10代で若くして妊娠・出産する女性は世界中に存在します。
しかしその誰もが生まれた子供を故意に手放してしまうのではない。オーストラリア・シドニーに暮らす15歳と14歳のカップルは子供を持つには若すぎる年齢であったとはいえ、生まれてきた我が子を愛し2人で育てて行くことへの希望を持っていました。

15歳の母親

しかし・・・

児童保護サービス側はそれを認めませんでした。
「子供の面倒を見るには若すぎる」として、”アリア”と名付けられた女児をカップルから引き取る意向を示した。我が子を奪われてしまうことに恐怖を感じた母親ジェニファー・モリソンさん(15歳)と父親ジェイデン・ラベンダー君(14歳)は4月13日の午前0時半頃、生後3日目のアリアちゃんを毛布に包んで市内のネピーアン病院から姿を消しました。

3人は電車に乗り、シドニー西部のウィルモットという場所でキャンプをしていました。3人が行方不明になったことで病院側から通報を受けた警察は大掛かりな捜査をし、16時間後に3人を無事発見することができました。

だが…
児童保護サービスのスタッフはアリアちゃんを両親から引き離し、ジェニファーさんはアリアちゃんへ母乳を与えることを禁じられました。現在アリアちゃんは病院の乳児室でミルクを与えられているそうです。