ワニ

長いと扁平な長い尾を持つ。背面は角質化した丈夫な覆われており、鼻孔のみが水面上に露出するような配置になっている。イリエワニオリノコワニでは全長7メートルに達する記録もあるが[要出典]コビトカイマンニシアフリカコビトワニなどの小型種では、1.5メートルほどで成熟する。大型種では体重1トンに達する個体も存在するなど、現生爬虫類としては最重の一群を含む。

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%8B

ニシキヘビ

最大種はアミメニシキヘビで最大全長990cmと本科、ヘビ亜目のみならず現生する爬虫類最長種。最小種はアリヅカニシキヘビで最大でも全長70cm程。ニシキヘビ類は一般に、細長い頭に眼は小さく瞳は縦長、太く長い胴体、短い尾をもつ。総排出腔の両側には蹴爪状の後ろ足の痕跡(大腿骨であると言われている)があり、オスは交尾の時にこれでメスの背中を引っかき交尾行動を触発する。もちろんこれを喪失する種も存在し中には腰帯が完全に消失した種も存在する。

南北アメリカ大陸に分布するボア科とは極めて近縁だが、頭骨の構造の違いや、卵生である事などで区別される。

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%98%E3%83%93%E7%A7%91

 

 

ニシキヘビに丸呑みされたワニはどうなると思いますか?

⇩⇩衝撃のX線画像はこちら⇩⇩


ニシキヘビ