日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。

日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。

NHK logo.svg

NHKは公共放送である。これは国家が直接運営する国営放送や、広告(コマーシャルメッセージ)を主な収入源とする民間放送と区別したものである。

受信料金について

NHKは「政治的公平」「対立する論点の多角的明確化」などの放送法第4条が求める放送を行い、受信者は受信料を支払うことが放送法で規定されている(第64条)。

NHKは法に定める要件を満たしたテレビジョン受信設備の設置者から、受信契約に基づく受信料を徴収することによって運営されている。

このほか、受信料収入に比べれば極一部ではあるが、国際放送に対する国からの交付金がある。
NHKが広告を行って収入を得ることは放送法で禁止されている。

しかし自局の番組宣伝や、ACジャパンとのタイアップによる公共広告等は任意で流すことができる。

 

関連画像

 

シリーズ AIに聞いてみた
どうすんのよ!?ニッポン (仮)
NHKでは、人口動態や介護、医療、格差、消費など様々な社会を映し出す5000を超える公共のデータを入手。
「風が吹けば桶屋が儲かる」といった具合に、複雑に、間接的に影響し合っているそれぞれのデータの関係性をAIが解析し、日本の社会構造を詳らかに分析した。
その結果、日本を変えるカギを握っているのが、高齢者でも子どもでもなく・・・・・・

 

超高性能のAIが導き出した答えに驚愕wwww

↓↓続きは次のページで↓↓