リオオリンピックで棒高跳びに出場した荻田大樹(おぎたひろき)選手。

飛んだ時になんと自身の股間が引っかかってしまい、棒が落ちて決勝進出を逃してしまう。

動画付きで解説してみた。

この動画は、海外でも広く取り扱われてしまい、なんと動画再生回数は800万回を超えた

これによって荻田大樹選手は決勝進出できず・・・。

そして、この動画はニューヨーク、イギリス、オーストラリア、中国などの各社メディア・ポータルサイトで大きく取り上げられてしまった。

この動画や炎上に対して、本人のコメントがツイッターでされていた。

荻田大樹のTwitterでのコメント

荻田大樹選手の自分のTwitterアカウントではこのようにコメントしている。

スクリーンショット 2016-08-17 14.32.45

ご報告
色々とありましてアカウント名を変更いたしました。
その関係で公式マークも消えてます。
まさか海外メディアにここまで陥れられるとは思いませんでした。
真実ならともかく、ここまで面白おかしく偽造されて罵られるとさすがにショックです。

スクリーンショット 2016-08-17 14.32.51

正直キツイですが、ある意味注目を受けているのでそれもチャンスかなと思います。
しっかり結果を出して見返してやろうと思っています。
この際、ネタでもなんでもいいので1度 競技場で試合を見てください。
棒高跳びの良さが少しでも伝わればと思います。

スクリーンショット 2016-08-17 14.32.56

p.s. 改めて見ると自分でもウケる。笑

 

この荻田大樹選手のコメントには、ネットでも優しすぎる!!と大好評だった。

そして、これを報じた海外メディアには批判の声が殺到。

 

まさにチン事件(笑)衝撃の動画は次のページ↓↓↓


棒高跳び