20年前に起きたことですが、記憶に残っている方も多いでしょう。

オウム真理教の教祖・麻原彰晃の三女である松本麗華。

彼女の現在が今になって話題になっているのです!

麻原彰晃の三女・松本麗華プロフィール

松本麗華
出典;お父さん分かりますか?

本名:松本麗華(まつもとりか)
ホーリーネーム:アジタナーター・ウマーパールヴァティー・アーチャリー
生年月日:1983年4月(34歳)
出身地:千葉県
麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女。

1995年に起きた地下鉄サリン事件は、まだ記憶にある人も少なくないでしょう。

事件当時は11歳でしたが元オウム真理教幹部であり、教団内での地位は「正大師」で教祖の次の地位でした。

11歳では何も分からない状態で、加害者となっていた可能性が高いですよね。

しかし、その後の生活は決して楽なものではなかったと思います。

そんな彼女は今、何をしているのでしょうか…?

松本麗華の現在は…?

2017年の現在はこんな感じです。

Twitterで画像を見る

熟睡できず、精神的な引きこもり中~。出ていかないとな~。少し前に髪の毛切った。自分で見慣れない……。誰だろ?この人。自撮りって難しいね。

可愛いおばちゃんって感じですね!

あれだけいろいろ批判もされていたら、一時は酷い状態のときもあったかもしれません。

しかし、今回の状態を見る限り無事そうでよかったですよね。

現在はクリニックなどでアルバイトをして生計を立てているといいます。

著述家としては、2015年に手記『止まった時間』を発表しました。

止まった時間
出典;livedoor’NEWS

新しい人生を歩もうとしている松本麗華にとって、自分の名前を書くのは恐怖だったそうです。

自分の名前を検索したら、「アーチャリー オウム」とも出るとなるとたしかに怖いですね…。

それでも彼女はそこから逃げすに、隠れていても意味はない、ということで著者の発表を決めたといいます。

⇩⇩メディアに露出していた⇩⇩


松本麗華