【芸能】<有名人マジギレ事件簿>「冗談じゃねぇぞ」カンニング竹山が雑誌編集部に怒鳴り込みwww

 

お笑い芸人のカンニング竹山が、音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(TBS系)に出演。

 

同番組にて竹山は、2009年の週刊誌で、ベッド写真が報じられた件について振り返った。

竹山は「今から8年くらい前かな。ベッドで全裸で寝てる写真が世の中に出たんですよ」と、浮気していた女性に写真を売られたと告白。

 

その女性と密会したのは1日だけだったものの、週刊誌側には、ベッド写真よりも危険な浮気の証拠を握られていたという。

 

「写真はね、もうしょうがないよ。出すなら出すでそれは事実だから。それは認めなきゃいけない。でも絶対に出しちゃいけないものがある、と。メールだ!」

 

竹山は女性との事前のメールのやり取りで「写しちゃいけない僕の体の一部を何回も撮って、彼女に送っちゃってるんですよ!」と明かし、

 

「これはヤバイ! と。もう(週刊誌から)話聞いてキレましてね。冗談じゃねぇぞ! そんなん出されたら大問題だ」と声を荒げた。そして当時、風呂や楽屋で撮影した自身の局部写真を掲載されそうになったことで、彼はそのまま編集部に乗り込み、ガチギレしたとのこと。
編集部では「あなたたちが撮った写真、あなたたちが調べたこと、全部本当です!」

 

と記事の内容を認めながらも、「ただメールを出してほしくない! 面白くなかったでしょ? あのメール見たらどう思います?」と記者たちに本音を吐露。

 

その後、「メールを消すためにはどうしたらいいですか?」と交渉すると、記者から「今、土下座してくれたら、メール消します」と提案されたそうで、竹山はあっさりと快諾した。

 

最終的に、土下座しているところをカメラで撮られ、ベッド写真のみの掲載に落ち着いたという。

今でこそ、キレ芸が世間に認知されている竹山だが、彼は決して人前で激怒することが得意な人間ではないという。

 

そんな竹山を無名時代から支えていたのが、2006年に白血病で死去した相方・中島忠幸の存在だった。彼はコンビ結成前、小学校からの同級生である竹山からのお笑いの誘いを断り、福岡の日本料理屋で板前を目指し働いていた。当時の状況を竹山は以下のように語っている。

 
「東京で1人暮らしを始めて半年後くらいかな、友達もいないし寂しい思いを感じ始めた頃、福岡に帰省したんですよ。その時に中島を誘って、近所の焼き鳥屋で2人で飲んだ時に言ったんです。

 

『なぁ、お笑いやらないかって』。

(略)

『福岡には別に何もないし、お前も昔、(板前を)やめたいみたいなこと言ってたろ』って。でもあいつは『やめない、俺はお笑い向いとらん』と。(略)俺も『じゃあ忘れてくれ』って。そこで話は終わって僕は東京に戻っていった」

 

↓↓↓続きはコチラ↓↓↓


カンニング竹山