関連画像

温水プール(おんすいプール)とは、水温が常温より高いプールのこと。水の加温の仕方は、ボイラーを使用する場合、清掃工場の余熱を活用する場合、天然の温泉を利用する場合の3つに大別できる。ボイラーを用いるところでは、温かい水温を保つための維持管理作業が必要である。特に細菌を繁殖させないよう細心の注意を払っている。

スイミングスクールでは、夏季は常温、冬季は温水で運用されているところが殆どである。設定温度は25度~32度ほどで、競泳の適温は25~28度(日本水泳連盟)、市民プールなどでは30度ほどである。

日本初の温水プールは、1917年(大正6年)7月9日、東京のYMCAに開設された。
しかし現在の総ガラス張りで、サウナなども備えた近代的な温水プール施設(スイミングスクール)が開業し始めたのは、日本経済が成長期に入った1970年代頃であり、温水プールが一般的になったのもその頃からである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B0%B4%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB

東京には様々な市民プールがあります。

まずは一部をご紹介します。

1.萩中公園プール/大田区

1

屋内・屋外プールあわせて6つのプールに、2つのウォータースライダー、流れるプール、幼児用プールもある、家族全員で楽しめる巨大なプール。

屋内プールは温水プールのため1年中利用可能で、屋外プールは7月~8月の期間限定。
かなりコスパが良くて人気も出てきている模様ではあるものの、まだまだ穴場。

今回紹介する中ではおそらく最も規模の大きいプールじゃないかと思います。

料金:
高校生以上/360円(2時間以内)+超過料金(30分毎)110円
中学生以下/200円(2時間以内)+超過料金(30分毎)50円

 

2.すみだスポーツ健康センター/墨田区

2

区の施設でありながら、全長50メートルのウォータースライダーがあり、砂浜をイメージしたようなプールサイドなど、作りもオシャレな屋内プール。
※利用時には、水泳キャップが必要です

毎月25日は「すみだ家庭の日」で、利用料金が無料(3時間制)になるものの、この日はかなり混雑するため、できれば普通の日に行くほうが、スライダーの待ち時間なども少なくて楽しめるためおすすめです。

料金:

平日)
一般/400円(2時間)、700円(1日)
中学生以下/200円(2時間)、350円(1日)

土・日・祝)
一般/500円(2時間)、1000円(1日)
中学生以下/250円(2時間)、500円(1日)

 

3.元気プラザ/北区

3

全長72メートルのウォータースライダーに、流れるプール、子供用プール、ジャグジープールなどもある、屋内プール施設。

綺麗な最新設備というイメージではないものの、欲しいものがひと通り揃っている満足度の高いプールです。
東京メトロ南北線の志茂駅から徒歩5分、JR赤羽駅から徒歩15分と、アクセスも便利。

料金:
高校生以上/500円(2時間以内)+超過料金(30分毎)120円
中学生以下/100円(2時間以内)+超過料金(30分毎)20円
※入場は3歳以上から

 

↓↓衝撃の光景は次のページで↓↓


★超人気記事★
【ヌき注意】スパッツを履き忘れた女子陸上部の股がマジでヤバ過ぎる!【画像あり】
【強烈】レイヤー界の狂人「うしじまいい肉」ほぼ何も着ていない姿で会場に現れ2chでさえもドン引き【画像あり】
【激怒】農業が本業のTOKIOメンバー全員で嵐・櫻井翔にブチギレwww櫻井タジタジwww
激レア】全盛期の夏帆、ライブ中にスカートの下の更に下がモ口に写っている写真を晒していた!【画像あり】
【天才】金曜ロードショー『天空の城ラピュタ』放送で作画ミスを発見wこれよく気づけたなぁwww
【生放送】カトパン早朝の生放送でフ゛ラの中から乳首がモロ見えwwwwwwwww