宮﨑 あおい(みやざき あおい、1985年11月30日 – )は、日本の女優。本名同じ。東京都杉並区出身。ヒラタオフィス所属。趣味は写真。特技はネイルアート。実兄は俳優の宮﨑将。
423

略歴
4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で子役デビュー。CM(サントリー緑水など)や雑誌を中心に活動した。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような役が多かった。

役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1997 – 1999年頃から。映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999年)で、その後、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場して人気を得た。2001年、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は2002年)。

2002年には、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した。またこの年は、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』で連続テレビドラマ初主演した。2003年、初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』(演出:白井晃)で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞。同年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』で声優初挑戦。その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。

2005年、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA-ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなった。2006年、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』ではヒロイン・有森桜子役を演じ、同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞した。

2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては歴代最年少(それまでは『義経』の滝沢秀明の23歳9か月が最年少であった)である。

2012年、フジテレビ『ゴーイング マイ ホーム』で10年ぶりに民放の連続ドラマに出演。

2015年、『純情きらり』以来の2度目の出演となるNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、主演の波瑠とのダブルヒロインとなる姉・はつ役を演じる。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e3%82%e3%8a%e3%84

 

2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/07(金) 01:06:41.55ID:MqyCP3AEp.net

まずは全盛期の宮崎あおいさんからご覧ください

0051 6 「宮崎あおい 全盛期」の画像検索結果 no title 「宮崎あおい 全盛期」の画像検索結果

 

「宮崎あおい 全盛期」の画像検索結果

↓↓↓宮崎あおい整形失敗の画像は次のページ↓↓↓


宮崎あおい