3.11の震災後ずっと福島で復興作業に従事していた

除染作業や原発内での
作業従事者って定期的に健康診断を受けないといけないのね
勿論オレも最低半年に1回、多いときは2か月に1回は一般健康診断と
電離放射線健康診断を受けてた
2年半位で7~8回は受けただろうか・・・

1回も異常が有ったことは無かった

 

ところが

最後に受けた健康診断で(その時はたまたまいつもとは違う病院に行った)
「血液検査等は全く問題ないから就業可だけど、肺レントゲンに気になる影がある
・・・様な気がする。もし貴方も気になる様なら紹介状を書いてあげるから
もう少し大きな病院で診て貰った方がいい」 と言われた

勿論自覚症状等全く無いので、まさかオレが・・・

との思いは強かったが
先生の言うことを無視する気も無くその週の週末に予約を入れてもらった

「医者 ガン宣告」の画像検索結果

その週の土曜日に町で一番大きな病院に行き、CTを撮ってもらい
その所見を持って最初の病院に帰った 。
そして先生から 「残念ですがやはり癌の可能性が強いかもしれません」
と言われたのが第一の修羅場

もっと大きな病院で調べた方がいいということで、今度は県内でも有数の大病院
に紹介状を書いてもらい次の週の予約をとった
その間仕事関係の人間に事情を説明したり、気持ちを落ち着かせたり・・・

予約日になり前回と同じ様な検査 そして同じ様な診断結果
「家族の方をお呼びすることは可能ですか?」

のセリフに思わず
あぁ・・

本当にドラマみたいなこと言うんだな・・

って思ったのを鮮明に覚えている

オレは西日本の出身で、震災を機に福島に行ってたのね
なので福島には親戚縁者はもちろん、友達もいない 。
そのことを言うと

「まだ確定診断ではないけど大きさからみても多分初期の癌
の可能性が高いと思います。もし入院、手術となればどうされますか?」
との問いだったので

「知り合いが居ない地での入院は不安なので、地元に戻ります」
と答えた
地元の一番大きな病院に紹介状を書いてもらい、それから一週間後地元に戻った

地元の病院に福島での検査結果データを渡し色々問診された 。
「こんな小さい影よく見つけたね~(12mm) もしこれが悪性腫瘍だとしても 早期発見出来て幸いと思っていいと思います。ただ念のためMRIとPETを撮って 他に転移が無いか調べましょう」
とのことだったので、また次の週に予約を入れてもらった。

 

↓↓↓続きはコチラ↓↓↓


癌宣告