「青い白目」というニックネームを持つ

23歳のオーストラリアの女性がネット上

で話題になっている。

Instagramで彼女は7万2000人の

フォロワーがおり、

名前はアンバー・ルーク(Amber Luke)。

舌は割れており白目を青くまた体の至る所に

タトゥがあり、

その全身の改造に8000ドル(約90万円)

かけたという。

16歳の頃からタトゥ中毒になり

体に50箇所のタトゥを刻んだアンバーさん。

元々自分の金髪と綺麗な肌があまりのも

平凡でつまらなかったため

10代のときに興味本位でタトゥを

彫ってみたところ、

その刺激と快感が止まらず更には

白目までタトゥを彫ってしまった。

この眼球タトゥは少しでも

失敗したら永久に失明してしまう

危険な施術でもある。

彼女は

「40分の手術が拷問のようだった。

それに3週間はまともに物が

見ることができなかった」

と語り、更に変身したアンバーさんは

舌まで2つに分かれており、

耳にシリコンを入れて体の改造を

続けて居いる。

アンバーさんの知人は彼女の改造を

支持しているがネット上では彼女を

非難する声も少なくない。

しかしアンバーさんは

「これは私の体よ!」

と反論し、

私の姿に魅了される人も多くいる」

と語った。

彼女の改造は今後も続き、

2本の吸血鬼のような歯やタトゥも

更に増やすという。

 

気になる画像は次ページで!

次のページをクリック♪

↓ ↓ ↓