メリーさん曰く死後はこんな仕組みらしい

死んだら成仏するかこの場に残るかを選ぶ事ができる

成仏するを選べば死後の世界とやらにいけるらしい

この場に残るを選べばこの世に留まる事ができる

しかし、その場合ある条件があるのだ。

「役職に付き人を驚かす事」

有名な妖怪から地方の噂までピンからキリまである役職の

どれかに割り当てられ、人を驚かす事で

この世への滞在時間を稼ぐらしい
「私に割り当てられたのはメリーさん

1人驚かすごとに14日の滞在期間がもらえます」

「結構シビアな世界だな」

「有名になるほど報酬滞在期間も少なくなるんです

トイレの花子さんなんて一人あたり3日ですよ」

「切ないな花子さん」

この世に留まる事を選んだ人は大抵この世に未練があり

果たせなかった事、恨みなどを晴らすために

必死で人を驚かすのだという
「そこで、あなたに驚いていただきたいんです。形だけでいいんで」

「はぁ・・・形だけでいいんですね?」

「いいんです」

後ろを向くようにと促すメリーさん

しぶしぶ後ろを向くと携帯電話の着信音が鳴り響いた

「もしもし」

「私メリーさんあなたの後ろにいるの」

すぐ後ろで聞こえる声と携帯から聞こえる声が

ほんの少しずれて聞こえておかしな感じだった

そして振り向くとさっきと同じ姿勢のメリーさんが

アイコンタクトをとってきた驚けという合図なんだろう。