友「あのテレビの奴だって、それなりに反省はしていたぞ?」

友「お前も世間一般に顔向けできない事をしている自覚があるんだろう?」

友「だったら顔向け出来る様に頑張ればいいじゃねーか」

男「ハア……」

友「またため息かよ」

男「そんな事は、耳タコだっての」

男「ニートってクズはな、それを自覚しながらも続けたいと思うんだよ」

男「もう変化する事に諦めがついているんだ」

友「はあ?」

友「そんな訳無いだろ」

友「誰だっていい暮らしや金稼ぎをしたいって思うだろ、普通」