マンガの世界には、雑誌には掲載されたものの、

単行本に収録されることのなかった、

いわゆる「封印作品」というものが存在する。

ネットやコンビニ本などでも、

差別表現や現実の事件トラブル、事実誤認、

読者からのクレームなどでお蔵入りになった

ンガがよく紹介されている。

ところが、そんななか、

意外な封印作品の存在が明らかになった。

その作品とは、

さくらももこによるほのぼの

日常系マンガ『ちびまる子ちゃん』(集英社)。

「ええ! 

あの国民的マンガに封印作品なんてありえないでしょ!」

とびっくりした方も多いだろう。

 

動画は次ページで!